Menu

日越人材育成交流フォーラム2…

23-05-2019 Business Trends TrendnexBiz - avatar TrendnexBiz

5月10日、DOLABからの説明のポイント】●技能実習生制度の問題のベトナム側の原因は、ベトナム側の送出機関が短期的な利益追求に走っていること及び競争激化によりブローカーが介在していることに...

ベトナムの太陽光発電所一覧…

18-04-2019 Business Opportunities TrendnexBiz - avatar TrendnexBiz

By Trendnex 2019年6月以前に商業運転が開始日を有するベトナムの太陽光発電所のリスト: ランキング 発電所名 1 太陽光発電所  Phong Phú 2 太陽光発電所 BMT 3 太陽...

3月19年の電力価格を引き上…

07-03-2019 ベトナムニュース TrendnexBiz - avatar TrendnexBiz

3月5日ベトナム商工省は、2019年3月から生活用電気料金を+8.36%引き上げる案を承認した。これにより、消費量1kWh当たりの平均電気料金(付加価値税=VATを含まない)は、これまでの1720VND(約8.27円)か...

A+ A A-

サービス概要

ベトナム税務ット相談サービ…

Trendnexの関税・間接税チームは、事案に応じ、様々...

販路開拓ベトナム

  参入候補となる市場において、代理店候補・大手...

営業代行・支援

  ベトナム国内での営業代行・支援などお客様の...

魅力落とすベトナム小売市場、手続き・用地など問題多々

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

米A.T.Kearneyの2012年版グローバル小売成長指数(GRDI)で、ベトナムは32位にランクを落とした。2008年のトップから、2009年6位、2010年14位、2011年23位と連続で順位を下げている。

 評価基準は、カントリーリスク、市場魅力度、市場飽和度、参入緊急度の4つで、外国投資家の視点に立って考えられている。

 トップ30から脱落したベトナムは、2012年版のレポートで言及されていない。昨年のレポートでは、2012年のベトナム小売市場規模は 1,130億ドル、人口は9,000万近くと予測されていた。しかし脆弱な流通システム、用地賃貸料の高さが、魅力を下げる要因として指摘されていた。

 GRDI以外のデータでも、ベトナムの小売業界の魅力が落ちていることが分かる。Nielsen Vietnam社代表のPham Thanh Cong氏は、年々ベトナムがランクを下げている理由として、許可発給手続きに問題が多いこと、用地探しの難しさ、サプライチェーンの弱さ、人材のレベル の低さを挙げる。

 専門家によると、経済需要テスト(ENT)規制によって、スーパー1号店をオープンした外国投資家が2号店を開くのがかなり難しく、A.T.Kearneyの調査でも、外国投資家が満足していないことが示されている。

 小売市場の成長速度は、3~4年前よりも落ちている。2011年の実質成長率は約5%、これ以前の20%あまりと比較すると、かなり見劣りする。統計総局によると、今年年初5カ月の小売・サービス売上高は推計20.8%増で、価格上昇要素を除くと6.6%増にとどまる。

 もとより低いベトナムの小売店舗1m2あたりの売上だが、改善の兆しはあまり見られない。『Retail Asia』誌が2010年に発表したアジア・太平洋地域の小売業者トップ500では、ベトナムトップのスーパーの年間売上は1m2あたり5,518ドル、 タイは同6,283ドル、シンガポールは9,025ドル、台湾は6,797ドルだった。

 近代型小売チャネルの成長が目覚しいのは大都市のみで、世界貿易機関(WTO)加盟後の2007~2011年、新設スーパーは2002~2006年と比べ20%程度しか増えていない。

 投資・事業環境も改善されていない。世界銀行のレポート「ビジネス環境の現状2012」では、電力システムの改善や行政手続き改革の失敗が響き、ベトナムは183カ国中98位と8ランク下げている。

(Sai Gon Tiep Thi)