Menu

米航空当局、ベトナム航空が安全基準達成と発表

15-02-2019 ベトナムニュース Trendnex - avatar Trendnex

2月14日、米連邦航空局(FAA)は、ベトナムが国際的な安全基準を満たしたと発表した。これを受けてベトナムの航空会社は米国への乗り入れや米航空会社との共同運航が可能になる。FAAはベトナムに安全評価格付けの「カテゴリー1」を付与したと明らかにした。 何年もの間ベトナム航空は米国西海岸へのフライトを計画してきました。 (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; ...

A+ A A-

サービス概要

ベトナム税務ット相談サービス

Trendnexの関税・間接税チームは、事案に応じ、様々な関税・間接税及び貿易管理に係わる業務を提供しています。また、グローバルネットワーク...

販路開拓ベトナム

  参入候補となる市場において、代理店候補・大手ユーザー候補の調査を行い、リストを作成します。そして各社に対して個別にアプローチを行い、取引...

営業代行・支援

  ベトナム国内での営業代行・支援などお客様の苦手な地域での営業のお手伝いをいたします。インターネットマーケティングからの問合せ対応や、...

HSBC:ベトナムはFDIの移行のメリットを享受する

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

1月10日に発売した "The Great Migration"と題し、HSBCの調査では、20年間中国は発展途上国のFDIの主要な受信者であったことが明らかになった。しかし、より高い賃金と通貨高からコスト上昇は、多国籍企業が他の場所で展開して見て見ている。ベトナム、インド、インドネシア、彼らは大規模な労働力と強力な国内市場を持っているとして外国直接投資(FDI)の移行から最も恩恵を受けるために立って、香港上海銀行(HSBC)は、その最新の報告書で述べた。

日本からの投資は、中国からのリスクを離れて多様化し、タイ、インドネシア、ベトナムなどのASEAN諸国に向かってルーティングされました。"しかし、これは日本だけではありません。他の多くの国の企業は、彼らが安く牧草地を探しとしての中国の生産を行う製造業の動きを担当しているそれは同じようなサイズの人口を持っているとして、インドは明らか先である"HSBCは言った。対GDP比ベトナム、シンガポールの後にASEANで二番目にFDIを引き付ける。その賃金はASEAN主要国の中で最も安価であり、それは今でもタイやマレーシアの後ろにかなりトレイルものの、事業環境は、インド、フィリピン、インドネシアよりも競争力があるためです。ベトナムにおける日本の関与の急速な増加は、将来の生産性と製造業の成長のための肯定的な考えられている 2011年には、日本の対内直接投資は、ベトナム流入総額の25%を占めていると2012年1〜10月の期間に、これは58パーセントに上昇した