Menu

3月19年の電力価格を引き上げ

07-03-2019 ベトナムニュース Trendnex - avatar Trendnex

3月5日ベトナム商工省は、2019年3月から生活用電気料金を+8.36%引き上げる案を承認した。これにより、消費量1kWh当たりの平均電気料金(付加価値税=VATを含まない)は、これまでの1720VND(約8.27円)から1864VND(約8.97円)となった。 2010年から現在に至るまで、7回の電気料金の値上げがありました。そのうち最後の時間は2017年1月12日で、7.5%の増加でした。これらの評価に基づき、MOITは政府に対して報告書を提出し、価格管理運営委員会が2019年の電力価格引き上げ計画を精密に立てることになる。...

A+ A A-

サービス概要

ベトナム税務ット相談サービス

Trendnexの関税・間接税チームは、事案に応じ、様々な関税・間接税及び貿易管理に係わる業務を提供しています。また、グローバルネットワーク...

販路開拓ベトナム

  参入候補となる市場において、代理店候補・大手ユーザー候補の調査を行い、リストを作成します。そして各社に対して個別にアプローチを行い、取引...

営業代行・支援

  ベトナム国内での営業代行・支援などお客様の苦手な地域での営業のお手伝いをいたします。インターネットマーケティングからの問合せ対応や、...

サムスン・ディスプレイ、30億ドル投じバクニン省生産拡大へ

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

2015年8月6は、ベトナムでサムスンのディスプレイはバクニン省に工場を拡大にさらに3億ドルを投資する上で投資証明書を受け取りました追加の資本金は40億ドルにサムスンディスプレイの合計を増加させました。サムスンのディスプレイは2014年に高解像度の画面を研究開発のための資金は1億ドルを投資していました

サムスン・ディスプレイは2014年、バクニン省に有機ELパネルの液晶モジュール工場を建設するため、10億ドル投じていた。工場は今年第1・四半期に操業を開始した。関係筋によれば、同社は30億ドルを2020年までに複数回に分けて投資する予定。詳細については未決定だという。
ベトナムでサムスンの表示はすぐに作業を開始した後売上高は15億ドルを稼ぎました。2018年には、それはまた、重要な輸出売上高を生成し、20,000の雇用を創出すると推定される2020年までに400億ドル、60億ドルを記録することが期待されます