Menu
A+ A A-

蝶理は、ベトナムでテキスタイルを後押しします

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 

繊維商社の蝶理はベトナムに本格進出する。2017年度に協力会社を5倍の15社に増やす。ベトナム政府は外資規制を緩和しており、環太平洋経済連携協定(TPP)が発効すれば輸出入の税負担が軽減する。18年度にベトナムでの売上高を現在の2.5倍の50億円にする。

蝶理は縫わ商品の品質を監視するために、今月ホーチミン市に子会社を設定します。これは、縫い付け財の供給に糸と布の調達から、業務の全範囲をサポートするために、大手台湾の化学メーカーで局所的に協力します。

日本企業は、すでにタイ、インドネシアに子会社を持っていますが、それはベトナムに米国ベトナムが中国よりも低い人件費と多くの熟練した下水道を持つへの輸出のために良い基盤を検討します。