Main menu

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

フライト情報とベトナムの2主要空港でのパブリックアドレスシステムの表示画面は、南シナ海における中国に対する彼らの領土問題でベトナムやフィリピンに対する軽蔑的なメッセージでハッキングされました。このため、2つの空港では数時間にわたって搭乗手続きが手作業で行われ、多くの乗客が予定の時間に手続きを終えられず、飛行機の出発が遅れるなどの影響が出たということです。

ノイバイ空港は、空港のイントラネットがハッカーによる停止があった後タンソンニャット国際は60国内便は15〜60分遅れで表示されたものであり、30便を持っています。ベトナム航空も変更され、ゴールデンロータスの40万以上のメンバー(ベトナム航空の顧客)の情報を公開しました。

されたホームページの画像には「南シナ海は中国固有のものだ」などと英語でメッセージが書かれていて、国営メディアは、今回の改ざんについて、メッセージの中で「1937CN」と名乗っている中国のハッカーによるものだと伝えています。