Main menu

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 

カールスバーグから醸造所を引き継ぐことによって、ベトナムでの生産のハイネケン拡大。ハイネケン・ベトナム・ブリュワリーは、南部バリアブンタウ省ブンタウ市にあるカールスバーグのビール工場を買収した。カールスバーグ最高経営責任者(CEO)Cees'tハートはブンタウ工場の売却により、中部以北の市場に集中する。

ハートは、それが30パーセントにその17%の株式を調達するためのカールスバーグは、政府のゴーサインを待っているベトナム北部の首都ハノイに基づいて、Habecoを参照して、言いました。Habeco社はブランド「ハノイビール」を持つ会社です。 ホーチミンに在住している私にとってはあまり馴染みはありませんが、コンビニの棚でたまに見ます。(ハノイでは多く見かけるかもしれません。) 9000ドンの低価格ビールです。 以前この経済コラムの「缶ビール事情」のところでで説明しましたがベトナムの缶ビールは高価格帯、中価格帯、低価格帯の3つのカテゴリーに分けられます。 今回カールスバーグがHabeco社に出資すれば中価格帯と低価格帯をおさえたことになります。

地域で最も高い水準と3,88億円から増加 - 統計は、ベトナムのビール消費量は国で消費ビールの量を超える4,04億リットル今年に達すると予想され、2010年に比べ2015年に40%増加したことを示しています2015年リットル。