Main menu

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

2日11月、国会でグエン・フ・チョン国家主席はCPTPP=包括的かつ先進的な環太平洋経済連携協定の批准を求める文書や同協定に関する審査報告書を提出しました。

CPTPPが発効すれば、参加国間では関税削減・撤廃を含む市場アクセスの改善に加え、サービスや知的所有権分野などでの協力が拡大され、世界のGDPの約13%、貿易総額の15%、人口約5億人から成る巨大な自由貿易圏が誕生することになります。そして自由貿易関係の確立を推進するため、ベトナムとビジネス界にとって戦略的意義を持つ自由貿易協定です ベトナムとカナダ、メキシコ、ペルーのような多くの新しいパートナーとの間で締結され、輸出市場の再編や伝統市場への依存を緩和しています。

CPTPPは、2017年11月に11カ国による大筋合意を経て、2018年3月に正式署名された。署名した11カ国のうち、6カ国以上が国内手続きを終えれば、60日後に発効となる。これまでに国内手続きを終了している参加国は、メキシコ、日本、シンガポールの3カ国。現在、ベトナムを含め、ニュージーランド、カナダ、オーストラリア(10月17日の議会で可決、2018年10月19日記事参照)が2018年内の国内手続き終了を目指している。