Main menu

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

ベトナムで新型コロナウイルスの感染者が増加している。3月8日午前現在,ベトナム国内における新型コロナウイルス陽性事例は計30名とされています(2月14日以降,新規感染症例な 14名. 14人の新規患者のうち、ベトナム人5人、イギリス人7人、アイルランド人1人、メキシコ人1人がいました。すべての新たに感染した患者は、ロンドンからハノイへの飛行VN0054でした。

今月2日にノイバイ国際空港(ハノイ)に着陸したベトナム航空「0054便」の搭乗者への感染が見つかってから、新型コロナウイルスの感染者が増えている。先月までに感染が確認された16人は全員回復しており、ベトナムで感染に伴う死者は出ていない。

3月14日

14日,ベトナム政府,新型コロナウイルスのパンデミックの状況を踏まえる必要があるとして,修正緊急事態宣言を以て,渡航制限を再課しました。2020年3月15日以降,シェンゲン領域の各国もしくは英国から来た,又はベトナム到着予定日から14日以内にそれらの国を通過したことのある,観光客に対して,ベトナムへの入国を一時停止する。

3月22日

ベトナム政府は、3月22日より全ての外国人の入国を停止する旨を決定した。外交または公用目的など、政府が認める特別な場合の入国者は適用外となるが、自宅での隔離が求められる。専門家、企業管理者、高技能労働者(注)についても適用外となるが、新型コロナウイルス感染の陰性証明書がない限り、3月18日より入国できない。陰性証明書は、在住国の権限のある機関が発行したものであり、かつ、ベトナムによって事前に承認を得たものでなければならない。 この発表を受け、ベトナム航空は3月25日までに全ての国際線の運航を停止することを発表した。

3月29日

保健省の統計レポートによると、Covid-19を検出した患者の60%は症状が見られません。

3月30日

ベトナムのフック首相は30日、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけるため、国内の主要都市に対し、都市封鎖に備えるよう要請した。同国では、200人近い感染者が確認されている。保健省によると、同国ではこれまでに194人の感染が確認されているが、死亡者はいない。

3月31日

ベトナム政府は31日、新型コロナウイルスの感染を防止するため4月1日から15日間、不要不急の外出を禁止すると発表した。首都のハノイなど大都市だけでなく、全土で人の移動を制限することで感染拡大を抑えたい考えだ。

4月13日

サムスンディスプレーのバクニンン工場で13日、従業員1名の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染が確認されたそうだ。これを受けてバクニン省政府、感染者が働いていたフロアで閉鎖することを決めたそうだ. 隔離された40人の労働者(F1)は病院で隔離され、他の何百人もの労働者が自宅で自己隔離しています。

4月22日

ハノイ市は、0h4月23日に終了「社会的な距離の確保」。 フック首相は,ベトナムにおける社会隔離措置の緩和等を発表しました。それによれば,ハノイ市(一部地域を除く。),ホーチミン市,バクニン省,ハザン省(一部地域を除く。)は「感染リスクのある地域」とされ,各省市が,感染防止を確保した上で,必需品でない商品・サービスを取扱う店や露店の営業を決定します。ただし,ハノイ市及びハザン省の一部地域(14日以内に感染者が発生した地域)は,「感染リスクの高い地域」として,引き続き4月30日まで,首相指示16号が実施されます。

ベトナム政府は4月1日から4月22日までの間、新型コロナウイルス感染症の拡大を阻止し、抑えるために社会的距離をとる措置を講じていた。オフィス・学校・病院を除く公共の場所で2人以上集まるらないよう要請されており、人と人の距離を2メートルあけることが指示されていた。