Main menu

税務総局は、2016年法人税納税額ランキング

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
税務総局は、2016年法人税納税額ランキング

ベトナムの税務総局は、2016年に1000件の納税を発表しました。

法人税納税ランキングのトップ10は以下の通り。

1. ベトナム軍隊通信グループ(ベトテル=Viettel Group)

2. ホンダベトナム(Honda Vietnam)

3. ペトロベトナムグループ(Vietnam National Oil and Gas Group=PVN)

4. トヨタベトナム (TMV)

5. ビナミルク[VNM](Vinamilk)

6. ベトコムバンク[VCB](Vietcombank)

7. ベトナム国内でハイネケン(Heineken)

8. AIRPORTS CORPORATION OF VIETNAM JSC

9. ヴィエティンバンク[CTG](Vietinbank)

10. モビフォン(MobiFone)

ジャーディン・サイクルはビナミルク株式5.53%を購入

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
ジャーディン・サイクルはVinamilkの株式5.53%を購入

11月10日ホーチミン市証券取引所(HOSE)は、州都資本投資公社(SCIC)が保有するVinamilk株式のオークションを開催した。シンガポールに上場しているJardine Cycle and Carriage Ltd(JC&C)は、80.29百万株(Vinamilkの株式の5.53%に相当)をVND18.6,000 /株で購入した。

JC&Cは、過去10年間ベトナム市場に投資しており、現在はTruong Hai Motor(THACO)の株式25%、REEの株式23%を所有しています。

11月13日シンガポールに上場しているJardine Cycle and Carriage Ltd(JC&C)は、48.8百万株(Vinamilk).

ホアセングループの第4四半期の2017年の利益は55%

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

ホアセングループの第4四半期の2017年の利益は55%

ホアセングループの第4四半期の2017年の利益は55%

Hoa Sen Group(HSG)は、2016年〜2017年の第4四半期の連結決算を発表しました。したがって、第4四半期の純売上高は6兆9,300億ドルに達し、税引後利益は2亿3000億㌦に達した。純収益は前年同期比39%増、純利益は55%減となりました。

ホアセングループは、2001 年に設立された、住宅・工業・土木建設用亜鉛メッキ鋼板、鋼管及びプラスチックパイプの大手製造業者である。

出光, ベトナムに初で給油所を開設

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

出光興産は2日、ハノイで給油所(サービスステーション、SS)の1号店を5日から営業すると発表した。クウェート国際石油と設立したベトナム合弁会社、出光Q8ペトロリアムが運営する。

ガソリンスタンドは、ハノイのタンロン工業団地内にあり、日本企業の多くの施設があります。出光興産Q8石油LLCは、この最初のガソリンスタンドから、ハイフォン港とハノイを結ぶ国道5号線に沿って物流所要量を満たすシリアルガソリンスタンドを建設したいと考えています。

出光興産とKPIは、三井化学株式会社(東京都港区)、ペトロベトナムグループ(Vietnam National Oil and Gas Group=PVN)と共に、ベトナムで合弁会社「ニソン(ギーソン)リファイナリー・ペトロケミカルリミテッド」に出資している。現在、ギーソン経済区(タインホア省ティンザ郡)でギーソン製油所・石油化学コンプレックスを建設中で、2017年の商業運転開始を目指している。

ビンG (Vingroup),自動車工場を建設

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

VingroupのPham Nhat Vuong会長は、2017年8月8日、最初の自動車工場の建設を開始すると発表した。工場は、ハイフォン市のCat Hai区にあります。

Vingroupは6月22日、VinVinfast製造貿易会社を設立しました。VinVinfastは、Vinhomes Riverside Urban Area(Long Bien District、ハノイ)に本社を置くチャーター資本金5,000億ドルを有しています。この会社の主な事業は自動車の生産です。

ビンファーストの目標は東南アジアトップの自動車メーカーになり、2025年までに年間50万台を製造する計画である。主な製品は内燃機関自動車、電気自動車や電動バイクである。まず初めにヨーロッパ基準の5人乗りセダン、7人乗りSUV、電動バイクを製造し、予想される製造台数は年間10万~20万台である。