Main menu

PWC:2050年までに世界で32の最も大きい経済のベトナム

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

コンサルティング会社Pricewaterhouse Coopersの新しいレポートによると、ベトナムはすべての企業の中で最大の改善を見込んでいる。ベトナムは、国内総生産(PPPまたは購買力平価ベース)が3兆1760億ドルに拡大すると予想され、2030年には現在の32位から29位に、2050年には29位に上昇する可能性がある。ベトナムは2050年までに世界で最も高成長を遂げる経済大国となり、予測GDPの世界順位は第20位に上昇.

Dinh Thi Quynh Van、PwCベトナムのゼネラルディレクターは、2015年の以前の報告書では、ベトナムは2050年に22番目に達すると予想されていたが、今は20位に入ると予想されている。ベトナムがこの新しい環境で成功したいと望むならば、改革とより良い教育で成長を築く必要があります。ベトナムの経済は現在、輸出に依存しており、世界的な景気の減速を受けて、提供できるものを多様化し、より経済的な分野からチャンスを創出する必要がある、と彼女は述べた。

 

表1 予測GDPの世界順位(PPPベース、2016年基準の恒常10億米ドルベース)

PPP
ベースの順位
2016 2030 2050
国名 PPPベースのGDP 国名 PPPベースのGDP予測 国名 PPPベースのGDP予測
1 中国 21,269 中国 38,008 中国 58,499
2 米国 18,562 米国 23,475 インド 44,128
3 インド 8,721 インド 19,511 米国 34,102
4 日本 4,932 日本 5,606 インドネシア 10,502
5 ドイツ 3,979 インドネシア 5,424 ブラジル 7,540
6 ロシア 3,745 ロシア 4,736 ロシア 7,131
7 ブラジル 3,135 ドイツ 4,707 メキシコ 6,863
8 インドネシア 3,028 ブラジル 4,439 日本 6,779
9 英国 2,788 メキシコ 3,661 ドイツ 6,138
10 フランス 2,737 英国 3,638 英国 5,369
11 メキシコ 2,307 フランス 3,377 トルコ 5,184
12 イタリア 2,221 トルコ 2,996 フランス 4,705
13 韓国 1,929 サウジ
アラビア
2,755 サウジ
アラビア
4,694
14 トルコ 1,906 韓国 2,651 ナイジェリア 4,348
15 サウジ
アラビア
1,731 イタリア 2,541 エジプト 4,333
16 スペイン 1,690 イラン 2,354 パキスタン 4,236
17 カナダ 1,674 スペイン 2,159 イラン 3,900
18 イラン 1,459 カナダ 2,141 韓国 3,539
19 オースト
ラリア
1,189 エジプト 2,049 フィリピン 3,334
20 タイ 1,161 パキスタン 1,868 ベトナム 3,176
21 エジプト 1,105 ナイジェリア 1,794 イタリア 3,115
22 ナイジェリア 1,089 タイ 1,732 カナダ 3,100
23 ポーランド 1,052 オースト
ラリア
1,663 バングラ
デシュ
3,064
24 パキスタン 988 フィリピン 1,615 マレーシア 2,815
25 アルゼンチン 879 マレーシア 1,506 タイ 2,782
26 オランダ 866 ポーランド 1,505 スペイン 2,732
27 マレーシア 864 アルゼンチン 1,342 南アフリカ
共和国
2,570
28 フィリピン 802 バングラ
デシュ
1,324 オースト
ラリア
2,564
29 南アフリカ
共和国
736 ベトナム 1,303 アルゼンチン 2,365
30 コロンビア 690 南アフリカ
共和国
1,148 ポーランド 2,103
31 バングラ
デシュ
628 コロンビア 1,111 コロンビア 2,074
32 ベトナム 595 オランダ 1,080 オランダ 1,496

出典:2016年はIMF推定値(トルコの情報は更新)、2030年と2050年はPwCの予測

アジア太平洋地域のマレーシア、インド、タイ、インドネシア、ベトナムの、いわゆる「MITI-V」の5カ国は、今後5年間で製造業の競争力トップ15カ国に入ると予想される。これらの国は、低コストの労働力、機動的な製造能力、好ましい人口構成、市場と経済成長という点で「新たな中国」と目され、中国がより価値の高い先端技術による製造業パラダイムへと重点を移しつつある中で、MITI-Vは今後5年間に競争力ランキングが上昇すると思われる。

 

 

TH True Milk 企業スが教育市場に参入

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

2月15日、ベトナムの乳業大手TH True Milk グループは15日、ハノイ市ドンダー区チュアボック通り4-6番地(4-6 Chua Boc St., Dong Da Dist., Ha Noi)で、幼稚園から高校までの一貫教育施設「THスクール(TH School)」を開校した。TH True Milk企業が教育に投資するのはこれが初めてです。

学校の面積は約2万m2です。 幼稚園17授業(340名)を含む。 25クラス(625人)の小学校; 45クラス(1125人)の中学校。ベトナムの教育と世界の優れた教育を融合させた学校で、一貫した学校栄養制度も整う。初めての授業は数学者ゴー・バオ・チャウ氏(フィールズ賞受賞者)が担当した。

 寄宿生(中学・高校)用のホアラックキャンパスは完成に向けた作業が進められている。2017年末にも大学、短大、職業教育施設の建設を進める予定。THスクールでは、英国のケンブリッジ大学が認めた英語カリキュラムを採用すると共に、文化や地理、歴史に関連する科目はベトナム語で教えられる。学生は高校卒業後、中等教育卒業もしくは大学入学レベルを示す国際的な学業修了認定「Aレベル(A level)」を取得することができる。

環境保護税、ガソリンに値上げビニール袋

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

ベトナム財務省が提案する、政府が提出したガソリン(バイオエタノール混合ガソリンを除く)及びジェット燃料に対する環境保護税を、現行のリッター当たり3000VND(US$0.13)から8000VNDに引き上げる案を承認した。この法案は、6月に政府に、10月に国会に承認される。

新しい草案の法律は、E5バイオ燃料とE10エタノール混合燃料がリットル当たりVND2,700-7,200とVND2,500-6.800の間の環境保護税の対象となることを提案している。航空燃料への税金は、リットル当たり1,000,000〜3,000バールから3,000〜6,000バールに増加することが提案された。ビニール袋はまた、環境税が30,000〜50,000 VNDから1キロあたり40,000〜80,000 VNDに上昇すると予想されています。増税は2018年より適用される。

詳細は下記の通り。

アイテム                      2010年の環境保護税                               2017年の環境保護税

+ ガソリン:                      1000-4000 VND (約20円)/ L                 4000-8000 ((約40円) VND / L

+ディーゼル油(軽油):       500-2000 VND /L                              1500-4000 VND /L

++灯油・重油・潤滑油:     300-2000 VND                                     300-2000 VND

 財政省は先ごろ環境保護税収が直近5年間で3倍以上に増額し、2016年には38兆VND(約1770億円)になると発表した。一方で環境保護にかかる支出は9兆VND(約420億円)から12兆2900億VND(約570億円)と微増にとどまり、支出予算のわずか1%、税収の3分の1に過ぎない。

アイルランドのMainstream Renewableはベトナムの風発電所を構築します

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

アイルランドのMainstream Renewableはベトナムで風力発電プロジェクトを構築・運用することで合意していました。同案件は投資総額22億ドル。発表は東南アジアの国にアイルランドの社長マイケル・ヒギンズ」訪問の傍観者になりました。

再生可能エネルギー発展のGE Energy Financial Services社(GE Capitalの関連会社)と協力しているGeneral Electric (GE)グループは、風力発電開発Mainstream Renewable Powerとベトナムにおいて大規模な風力発電所を建設、稼動、発展させるための協定を締結した。3風力発電所は電力の940メガワット(MW)の年間総を生成するであろう。Mainstream Renewableは$2億800メガワットの風力発電所の価値が、その主なベトナムのプロジェクトでGEエナジー・ファイナンシャル・サービス、地域事務所Phu Cuongグループとのパートナーでしょう。第1段階の投資額、2018年の第4四半期までに総出力150-200 MWの発電。

<Mainstream Renewable Power Ltd概要>
設立  :2008年
所在地 :アイルランド・ダブリン
代表者 :Eddie O’ Connor
Web  :
 
事業内容:再生可能エネルギーの開発事業

自動料金収受システムに適用されるRFID技術

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

2016年7月21日には、ベトナムの運輸省は2255/ QD-BGTVT自動料金収受システム(ETC)におけるRFID技術の適用に関する意思決定号を発行しました。ベトナムの一般部門は、道路会社を要請:TASCO-VETCコンソーシアム、Vietin銀行の投資インフラJSC、ベトナム高速道路株式会社(VEC)を、BOTのPhap Van-Cau Gie JSCは、この決定を実装しました。

最近、株式会社Tasco(国営企業、交通インフラ建設専門)が運輸省にベトナム全国でのETCシステムの敷設プロジェクトを提案したことが分かった。提案内容によると投資額は総額1.48兆VND(約83.8億円)で、建設・所有権・運用までを全て投資家が持つBOO(Building - Owner-Operation)モデルでの契約をするとのことだ。

本プロジェクトは、交通インフラを近代化し、道路利用費を回収することでの交通インフラの発展に寄与、手動料金回収所での渋滞の解消、交通利用者の経費軽減、料金回収元の明確化、重量オーバーやサイズオーバー車の発見、関連政府機関が車のトラッフィク量やスピード等を管理できるようにするというものだ。