Main menu

SKエナジー、ベトナム海上鉱区で油田発見

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

【ソウル3日聯合ニュース】SKエナジーは3日、ベトナム15-1/05鉱区で油田を発見したと明らかにした。
同鉱区の権益は、同社が25%、ベトナム最大の国営企業、ベトナム石油ガス公社(ペトロベトナム)系列のペトロベトナム探査採掘総公社(PVEP)が40%、仏トータルが35%保有している。
SKエナジーによると、3社は1回目の探査地域から北東に25キロメートル離れた地点で3月から2回目の探査を実施し、良質と評価される原油を1日3500バレル産出することに成功した。
ベトナム15-1/05鉱区は、ホーチミン市から南東に180キロメートル離れた海上鉱区。SKエナジーは2007年2月から開発に参画している。昨年10月の1回目探査では、1日4300バレルを産出した。
同社関係者は、すでに商業生産に入っている15-1鉱区に続き、15-1/05鉱区でも油田を発見したことで、今後も引き続き、海外資源開発事業成果の拡大が期待されると述べた。
SKエナジーは1993年に海外資源開発事業を開始した。現在16カ国31鉱区で探査・開発・生産を行っている。

【関連記事】

電力供給、南部は雨で状況改善・北部は天候見て調整

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効


■南部:ホーチミン市電力総公社によると、ベトナム電力グループ(EVN)の今週の同市への配分量は 先週と変わっていないが、雨と涼しさ、また多くの企業の節電により停電は減る。6月23~29日は市内各地で電力カットは減少するが、メンテナンスや修 理、街路樹の枝打ちなどでCu Chi県、Hoc Mon県、Tan Binh区、Tan Phu区、Binh Chanh県、5区、8区などを中心に電力カット等が行われる。

■北部:ハノイ電力総公社によると、EVNはこれまでにハノイ市の電力消費量を制限していないが、システムの修理やThang Long遷都1,000年記念施設の工事のため、電力カットを行っている。

市人民委員会の指導により6月19日から27日まで電力会社は、これらの目的による電力カットを一時ストップする。27日からは涼しくなれば、 これらの目的のための電力カットは範囲を抑えて続ける。市電力総公社では、計画停電を気候に基づいて実施し、暑い日には範囲を適時調整する。

■中部:中部各省では広い範囲で連続的な計画停電が行われている。ダナン市電力によると、市内における電力供給状況に改善の兆しはなく、6月いっ ぱいまで広範囲で電力カットを実施しなければならない。

中部電力総公社でも、暑さが続き、雨がないことから、地域全体の電力供給は引き続き緊張し、多くの地域で広範囲の計画停電を余儀なくされるとし ている。