Main menu

PVFCCoはPhu My NH3 NPKコンプレックスを刷新するためのEPC契約を締結

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

 6月8日、ベトナム国営ぺトロベトナム化学肥料社はPhu My工場のアンモニア合成装置の拡張と新たに化成肥料生産ラインの建設計画を発表した。投資額2.37億ドル、2017年第2四半期完成する予定である。完成後、Phu Myのアンモニア生産能力が9万トン/年から25万トン/年に増加し、増加したアンモニアは化成肥料の生産に供し、化成肥料能力が25万トン/年に拡大する。
 ぺトロベトナム化学肥料社は6月7日にイタリアTechnip社、ドイツThyssenKrupp社、ベトナムPTSC社との間に本件の建設と設備に関する契約を締結した。

VungTau県 - Phu My NH3 NPKコンプレックスはPhuMy1工業区、Ba RiaでPhu My肥料工場の土地に、15ヘクタール以上の面積をカバーしています。この複雑なプロジェクトの資金を投資し、合計は、ほぼドンにある5,000億円(同等の米ドル237百万に)二つの部分から成るオーナーの資本の額で銀行ローンおよび30%融資70%と、:NH3はワークショップ(刷新)とPhu My NPK工場。Phu My NPK複合Haldor Topsoe A / S(デンマーク)からの技術を使用して、(現在45万54万トン/年から)9万トン/年によってPhu My肥料工場で現在NH3出力を増加させる(刷新)。

サムスンはGalaxy S6金属ケースを製造するためにベトナムに20000フライス盤を出荷しました

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

サムスンのエレクトロニクス部門はギャラクシーS6の試合プレミアム、アップルのiPhoneのの金属構造を支援するために、ベトナムの工場に20000フライス盤を送信します。アップルが使用するものと同様のアルミニウム合金ボディに切り替えるには、サムスンはそのベトナムの工場に20,000以上の金属フライス盤を出荷し、"報告書は述べています。

以前は会社の署名モバイル戦略 - 同社はまた、ギャラクシーS6で、独自のチップを使用して収益を向上させ、その広大な製品ラインをトリミングすることによってコストを削減することを目的としています2014年の第一四半期では、モバイルは、サムスン電子の営業利益の4分の3以上を占めたが、それ以来、物事が部門の収益は昨年42%の下落で、悪化してきました。

ベトナムMETALEX 2015

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
 
工作機械や生産のための金属加工ソリューションについてのベトナムの国際展
日付2015年8〜10月。
場所:SECC、ホーチミン市ベトナム
出展者プロフィール:

    工作機械やマシニングセンタ、放電加工機
    シート金属加工
    溶接技術
    ファクトリーオートメーション
    ポンプ&バルブ
    資材処理
    金型とダイ
    ファウンドリ
    ワイヤー、チューブ、ケーブル技術
    メトロロジー/制御計測
    ツールとツーリング
    表面処理
    流体動力
組織:投資&ホーチミン市の貿易促進センター(ITPC)、日本貿易振興機構(ジェトロホーチミン)とReed Tradexカンパニーリミテッド

2015年にSabeco純利益

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

ベトナム最大のビールSabecoは2015年の純利益は、より高い出力と生産コストの削減に3,29兆ドン(151百万USドル8%上昇するだろうと述べました。ビールの出力は1,42億リットルに2%アップエッジだろうがSabecoは、それが1,63万リットルのアルコール出力で17%上昇、今年を計画した報告書で述べました

サムスン電子ホーチミン·コンプレックス(SEHC)14億ドルは、HCM市で着工[家電]

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

韓国のサムスン電子は19日、ホーチミン市9区のサイゴン・ハイテクパーク(SHTP)で、テレビなどを生産する「サムスンCEコンプレックス(SEHC)」に着工した。
投資額は14億米ドル(約1,676億円)で、70ヘクタールの用地に建設される。来年第2四半期(4~6月)の稼働を予定し、4Kスマートテレビ「SUHDテレビ」、スマートテレビ、LEDテレビなどを生産する。世界市場向けの拠点にしたい意向だ。
SEHCプロジェクトは、2014年10月に投資ライセンスを受けました工場は2016の第二四半期での動作となり、15,000ジョブを生成することが期待されます。同社の製品は主にエクスポートされます
SEHCは、北部バクニン省とタイグエン省に続くサムスン電子の国内3番目の生産拠点となる。携帯端末を製造するバクニン工場とタイグエン工場からの昨年の輸出額は263億米ドルに上り、全国の輸出総額の17.5%を占めた。

タイグエン省ではサムスン・エレクトロ・メカニクス、バクニン省ではサムスンディスプレーの工場建設も進んでいる。これまでにサムスンのベトナム投資は計112億米ドル余りに上り、最大の外国投資企業となっている。SEVとSEVTをまとめてベトナムの総輸出収入の17.5パーセントを占め、2014年には輸出売上高に263億ドルを計上しました。