Main menu

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 
THグル、国内でA2ミルク生産へ

ベトナムの乳業大手THグループは、国内でのA2ミルク生産を目指して乳牛の繁殖に力を注いでいる。THは2018年6月に、消化不快感を与えないミルクを生産するために、500匹のA2牛を分離したと発表しました。A2乳とヨーグルトを生産するために、新しいA2ミルク操作がNghe Anに設置されました。

牛乳に含まれるタンパク質の一種であるベータカゼインにはA1とA2の2つのタイプがあり、通常の牛乳には両方が含まれるが、A2ミルクはA2タイプのカゼインのみを含む牛乳を生産する乳牛を利用している。A1については、過敏性腸症候群(IBS)などの疾病と相関関係があるとの説がある。

THグループを率いるThai Huong女史は、2008年頃にベトナムの約80%のミルクは還元ミルク(粉ミルクを溶かしてミルクに戻したもの)と気づき、2009年からフレッシュなミルク製造に乗り出して、TH True Milkを設立。2013年には乳牛4万頭を用意し、2017年までには市場全体の約半数となる14万頭の乳牛を育てる計画を打ち出し、Vinamilkの1万頭を大きくリードしてます。