Main menu

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

1月10日に発売した "The Great Migration"と題し、HSBCの調査では、20年間中国は発展途上国のFDIの主要な受信者であったことが明らかになった。しかし、より高い賃金と通貨高からコスト上昇は、多国籍企業が他の場所で展開して見て見ている。ベトナム、インド、インドネシア、彼らは大規模な労働力と強力な国内市場を持っているとして外国直接投資(FDI)の移行から最も恩恵を受けるために立って、香港上海銀行(HSBC)は、その最新の報告書で述べた。

日本からの投資は、中国からのリスクを離れて多様化し、タイ、インドネシア、ベトナムなどのASEAN諸国に向かってルーティングされました。"しかし、これは日本だけではありません。他の多くの国の企業は、彼らが安く牧草地を探しとしての中国の生産を行う製造業の動きを担当しているそれは同じようなサイズの人口を持っているとして、インドは明らか先である"HSBCは言った。対GDP比ベトナム、シンガポールの後にASEANで二番目にFDIを引き付ける。その賃金はASEAN主要国の中で最も安価であり、それは今でもタイやマレーシアの後ろにかなりトレイルものの、事業環境は、インド、フィリピン、インドネシアよりも競争力があるためです。ベトナムにおける日本の関与の急速な増加は、将来の生産性と製造業の成長のための肯定的な考えられている 2011年には、日本の対内直接投資は、ベトナム流入総額の25%を占めていると2012年1〜10月の期間に、これは58パーセントに上昇した