Menu
A+ A A-

ベトナムQ1経済成長率は3年ぶりの低水準に減速

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

地場産業は、高棚卸資産に取り組んで、国内需要が弱まる、2012年第1四半期のベトナムの経済成長率は3年間のローに鈍化した。第一四半期の成長は政府のデータによると、前年同期から4%に2009年1月〜3月以来の最低速度を遅らせた。南東アジア経済は、2011年の最後の四半期に6.1パーセント増加しました。"経済は成長を続けているが、前のの同じ期間よりも遅いペースで"政府は計画投資のデータを引用して日曜日に遅く発表した声明で述べている。インフレが減速しているにもかかわらず、ベトナムの経済成長は産業部門の製品の備蓄によって部分的に傷つけられた計画投資曹操ベトナムスィンフ副大臣は先週語った

"我々は、GDP成長率は第1四半期ハイレベルに達することを期待していない"スィンフは言った。 "理由は、工業生産は高水準の在庫に起因する困難に直面してきた"

第一四半期の工業生産は、日曜日に、政府の会議で配布計画投資省の報告書によると2011年には同期間に9.3%から、前年から4.1%に鈍化した。月のインフレ率は2月に16.44パーセントから14.15パーセント年率に減速し、今月の消費者物価指数は、20ヶ月で2月最下位からわずか0.16パーセント上昇し、政府の統計が表示されます。