Main menu

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
ベトジェットエア機 着陸時に前輪がはずれる事故

29日深夜、ベトナムの格安航空会社「ベトジェットエア」の民間機がバンメトート空港に着陸する際に前輪6つがはずれる事故が起きた。ベトジェットエア機 着陸時に前輪がはずれる事故 6人が怪我. 事故当時、機内には207人がおり、全員が緊急脱出用スライドを使って避難した。乗客のうち6人が負傷し、医療機関に運ばれている。

ベトナム民間航空局(CAAV)によると、エアバスの「2つの前輪」の着陸中に「重大な問題」があった。"同機はブオン・マ・トゥオット空港の滑走路に安全に停車し、両旋回体が鼻歯車の支柱から分離して滑走路を滑走路上約1,200メートルで滑走路上を滑走するようにした"。11月30日、最初の車輪が滑走路から100メートル見つかった。ベトナム民間航空局の調査チームは、12月2日、セカンドホイールを発見した。

航空局は、このトラブルを事故(Aグループ)に次ぐ深刻なトラブル(Bグループ)だとし、同フライトの操縦士らおよび同空港の管制官らを職務停止処分とした。