Main menu

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
電気料金6.08%増加した, 12月1日から

2017年12月18日、ホーチミン市証券取引所(HoSE)で、サイゴン・ビバレッジ・コーポレーション(Sabeco)の株式の売却のためにオークションが開催された。タイビバが香港の子会社などを通じて傘下に置くベトナム・ビバレッジとベトナムの個人投資家1人が参加した。越政府が今回放出した53.59%のほぼ全てをベトナム・ビバレッジが約48億5000万ドル(約5500億円)で落札した。一部は個人投資家が購入した。

ベトナム飲料は、2017年10月にF&Nアライアンスベトナムに設立されました。タイビバの親会社でタイ財閥大手TCCはベトナム事業を強化している。2016年には格安店チェーン「メトロ」を買収。TCC傘下のシンガポールの飲料大手フレイザー・アンド・ニーブ(F&N)が、乳業大手ベトナム・デイリー・プロダクツ(ビナミルク)の株式5.4%を越政府から取得した。

ベトナムは東南アジア最大のビール市場で成長力も高い。タイビバはサベコを傘下に入れ、アジアを中心に海外で稼げる企業を目指す。