ベトナム国内における 新型コロナウイルス 新規感染症例な

ベトナムで新型コロナウイルスの感染者が増加している。3月8日午前現在,ベトナム国内における新型コロナウイルス陽性事例は計30名とされています(2月14日以降,新規感染症例な 14名. 14人の新規患者のうち、ベトナム人5人、イギリス人7人、アイルランド人1人、メキシコ人1人がいました。すべての新たに感染した患者は、ロンドンからハノイへの飛行VN0054でした。

今月2日にノイバイ国際空港(ハノイ)に着陸したベトナム航空「0054便」の搭乗者への感染が見つかってから、新型コロナウイルスの感染者が増えている。先月までに感染が確認された16人は全員回復しており、ベトナムで感染に伴う死者は出ていない。

3月14日

14日,ベトナム政府,新型コロナウイルスのパンデミックの状況を踏まえる必要があるとして,修正緊急事態宣言を以て,渡航制限を再課しました。2020年3月15日以降,シェンゲン領域の各国もしくは英国から来た,又はベトナム到着予定日から14日以内にそれらの国を通過したことのある,観光客に対して,ベトナムへの入国を一時停止する。

3月22日

ベトナム政府は、3月22日より全ての外国人の入国を停止する旨を決定した。外交または公用目的など、政府が認める特別な場合の入国者は適用外となるが、自宅での隔離が求められる。専門家、企業管理者、高技能労働者(注)についても適用外となるが、新型コロナウイルス感染の陰性証明書がない限り、3月18日より入国できない。陰性証明書は、在住国の権限のある機関が発行したものであり、かつ、ベトナムによって事前に承認を得たものでなければならない。 この発表を受け、ベトナム航空は3月25日までに全ての国際線の運航を停止することを発表した。

3月29日

保健省の統計レポートによると、Covid-19を検出した患者の60%は症状が見られません。

3月30日

ベトナムのフック首相は30日、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけるため、国内の主要都市に対し、都市封鎖に備えるよう要請した。同国では、200人近い感染者が確認されている。保健省によると、同国ではこれまでに194人の感染が確認されているが、死亡者はいない。

3月31日

ベトナム政府は31日、新型コロナウイルスの感染を防止するため4月1日から15日間、不要不急の外出を禁止すると発表した。首都のハノイなど大都市だけでなく、全土で人の移動を制限することで感染拡大を抑えたい考えだ。

4月13日

サムスンディスプレーのバクニンン工場で13日、従業員1名の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染が確認されたそうだ。これを受けてバクニン省政府、感染者が働いていたフロアで閉鎖することを決めたそうだ. 隔離された40人の労働者(F1)は病院で隔離され、他の何百人もの労働者が自宅で自己隔離しています。

4月22日

ハノイ市は、0h4月23日に終了「社会的な距離の確保」。 フック首相は,ベトナムにおける社会隔離措置の緩和等を発表しました。それによれば,ハノイ市(一部地域を除く。),ホーチミン市,バクニン省,ハザン省(一部地域を除く。)は「感染リスクのある地域」とされ,各省市が,感染防止を確保した上で,必需品でない商品・サービスを取扱う店や露店の営業を決定します。ただし,ハノイ市及びハザン省の一部地域(14日以内に感染者が発生した地域)は,「感染リスクの高い地域」として,引き続き4月30日まで,首相指示16号が実施されます。

ベトナム政府は4月1日から4月22日までの間、新型コロナウイルス感染症の拡大を阻止し、抑えるために社会的距離をとる措置を講じていた。オフィス・学校・病院を除く公共の場所で2人以上集まるらないよう要請されており、人と人の距離を2メートルあけることが指示されていた。

7月26日

保健省は26日昼ごろ、南中部沿岸地方ダナン市在住の03新しいケースが新型コロナウイルス. この男性はダナン市リエンチエウ区の自宅で妻と娘と同居しているが、直近1か月は他の省・市を訪れておらず、普段もほとんど自宅にいたという. クアンガイ市在住の男性(17歳)が新型コロナウイルス。南中部沿岸地方ダナン市在住の女性(71歳)が新型コロナウイルスのることを明らかにした。

首相指示第19号を受け,7月26日13時間。,ダナン市は,通達を発出しました。この中では,50人以上の祭礼等,ゲーム,娯楽施設,シネマ等を引き続き停止にすること,スポーツ練習,観光地,家族経営の飲食店等を制限付きで許可すること等が記載されています。

8月31日

9月1日から,ベトナムに入国する全ての渡航者COVID-19の検疫料が請求されますが義務づけられています。

2021年1月28日

ベトナムは28日、新型コロナウイルスの感染者が新たに82人確認されたと発表した。クアンニン10人、ハイズオン (VIETNAM POYUN ELECTRONICS CO., LTD) 72人.

2021年5月27日

ベトナム北部のバクニンBac Ninh、バクジャンBac Giangで28日、市内各地に新設された医療施設で、新型コロナウイルスへの感染リスクが高い労働者を対象としたワクチン接種が開始された。

バクザン省の工員300人とバクニン省の工員100人がそれぞれワクチン接種を受けた。バクザン省の15万人、バクニン省の9万人の工場労働者も近くワクチン接種を受ける予定。ファム・ミン・チン首相はこれに先立ち、工業団地など労働者が集まる場所で働く人々をワクチン接種の優先対象者に追加するよう保健省に指示していた。

2021年07月10日 新型コロナウイルスのワクチン接種キャンペーンを開始

ベトナムで7月10日に新型コロナウイルスのワクチン接種キャンペーンが始まり。ベトナム政府は2021年内に人口の75%ほどが2回の接種を完了できるよう、1億5,000万回分のワクチン調達を目指しており。グエン・タイン・ロング保健大臣によると、このCovid-19ワクチン接種キャンペーンは、我が国のワクチン接種史上最大規模のキャンペーンです。

それに応じて、首都軍事地域司令部に1つ、全国の7つの軍管区に7つを含む、8つのワクチン保管倉庫が設置されます。ワクチンが空港に到着するとすぐに、これらの倉庫に輸送されて保管され、そこから冷蔵トラックがワクチンを全国の予防接種拠点に輸送します。さらに、今回はすべての予防接種拠点が、ITの適用を通じてオンライン予防接種ネットワークを形成します。そこから、注射された人の数と使用されたワクチンの投与量に関する情報が公表されます。

2021年08月3日

2021年8月3日、新型コロナの感染確認者数について、ホーチミン市保健局から報告漏れがあったとして、1998人を追加で発表しました,「1881人の死亡が確認された」。

2021年08月4日 政府が隔離期間の短縮など決定、原則7日間に

4日,ベトナム保健省は,各省・市に対し,公式レター6288/BYT-MTを発出し,CFCを所持しワクチン接種を受けたことを証明するワクチンパスポートを所持してい外国人が入国する場合、、(1)隔離期間は10日間、(2)隔離期間中2度のPCR検査が必要となる。

ベトナムにおけるCOVID-19症例の死亡率分析

mortality analysese covid19 cases in Vietnam

5Fエキスパートグループ は、39歳以下、40~49歳、50~64歳, 65~74歳, 75~84歳、85歳以上の4群の死亡率も分析した。重症化リスクの要因がある場合、65歳以上の死亡率は28.95 %だったが、64歳以下はいずれも0.05~9.06%程度に収まった。

2021年9月14日 ハノイの 新型コロナウイルスによる一日の新規感染者が。

ハノイは、さまざまな地域のリスク分類に応じて、9月15日と21日以降に社会的距離の要件を緩和することを検討しています。ハノイ常任委員会は月曜日の会議で、市は多くのサービスとコビッド予防措置のための社会的距離ルールを緩和する計画を決定するだろうと述べた。

2021年9月14日 ハノイ市は20日、不要不急の外出禁止措置を21日午前6時に解除することを決めた。

市内の新型コロナウイルスの新規感染者が大幅に減少しているため。市民に外出自粛は求めるものの、飲食店などからのデリバリーや理髪店の営業などを認める。

営業が認められる必需サービスには、理美容院、洗車・修理サービス、家電修理、文房具・学用品の販売、建築資材の取扱店、電子商取引が含まれることになった。飲食店は持ち帰りに限り、午後9時までの営業が認められる。また、市内移動時の通行許可証は不要となった。

2021年9月23日 ホーチミン市では 、新規F0(感染者)感染者数は減少に転じているが、依然として約2000で非常に高い水準となっている。