ペトロベトナムに新社長

ベトナム政府は27日、国営ベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)Hoang Quoc Vuong社長に任命した。1964年生まれのHoangQuoc Vuong氏は、ベトナムの国営電力会社であるベトナム電力グループの元会長である産業貿易省(ベトナム)副大臣です。

Vuong氏を任命する決定のようなハイレベルの官職の場合は、任命の後、政治局の承認が必要になります。

 

台湾系メーカーペガトロンが工場進出へ、 ベトナムに10億ドル投資

米アップル社(Apple)製品のの台湾ペガトロン(和碩聯合科技、10億米ドルを投じ、ベトナムに生産拠点を設け。新工場はハイフォン経済区内の敷地に建設。

ペガトロンの複合施設は、4つのコンポーネントを組み合わせます。第1ペガトロンVN案件は投資額1900万USD(約20億円)で、3月にハイフォン市経済区管理委員会から投資許可を取得した。第2ペガトロンVN案件は投資額1億4800万USD(約155億円)で、同市のナムディンブー工業団地内に工場を建設する。3番目の期間(ペガトロンVN3)– 5億ドル–は、2026〜2027年に実施される予定です。

ペガトロンの投資によりベトナム国内に最大22,500人の新規雇用が生まれ、また年間431万ドル(約4.5億円)の税収が発生する可能性があると報じています。

 

エーザイ、ベトナムに販売会社を設立

エーザイは17日、ベトナムに医薬品を販売する現地法人を設 (Eisai Vietnam Co., Ltd. Eisai Vietnam)立したと発表した。2021年にも医薬品の輸入・販売事業の開始を見込んでおり.

経済発展や中間層の増加などを追い風として、ベトナムの医薬品市場は年平均10%以上伸びている。これまではタイの子会社がベトナムの代理店を通じて販売してきたが、現地法人が手がけることで抗がん剤「レンビマ」など主力製品の販売拡大をうかがう。