Main menu

アイルランドのMainstream Renewableはベトナムの風発電所を構築します

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

アイルランドのMainstream Renewableはベトナムで風力発電プロジェクトを構築・運用することで合意していました。同案件は投資総額22億ドル。発表は東南アジアの国にアイルランドの社長マイケル・ヒギンズ」訪問の傍観者になりました。

再生可能エネルギー発展のGE Energy Financial Services社(GE Capitalの関連会社)と協力しているGeneral Electric (GE)グループは、風力発電開発Mainstream Renewable Powerとベトナムにおいて大規模な風力発電所を建設、稼動、発展させるための協定を締結した。3風力発電所は電力の940メガワット(MW)の年間総を生成するであろう。Mainstream Renewableは$2億800メガワットの風力発電所の価値が、その主なベトナムのプロジェクトでGEエナジー・ファイナンシャル・サービス、地域事務所Phu Cuongグループとのパートナーでしょう。第1段階の投資額、2018年の第4四半期までに総出力150-200 MWの発電。

<Mainstream Renewable Power Ltd概要>
設立  :2008年
所在地 :アイルランド・ダブリン
代表者 :Eddie O’ Connor
Web  :
 
事業内容:再生可能エネルギーの開発事業

自動料金収受システムに適用されるRFID技術

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

2016年7月21日には、ベトナムの運輸省は2255/ QD-BGTVT自動料金収受システム(ETC)におけるRFID技術の適用に関する意思決定号を発行しました。ベトナムの一般部門は、道路会社を要請:TASCO-VETCコンソーシアム、Vietin銀行の投資インフラJSC、ベトナム高速道路株式会社(VEC)を、BOTのPhap Van-Cau Gie JSCは、この決定を実装しました。

最近、株式会社Tasco(国営企業、交通インフラ建設専門)が運輸省にベトナム全国でのETCシステムの敷設プロジェクトを提案したことが分かった。提案内容によると投資額は総額1.48兆VND(約83.8億円)で、建設・所有権・運用までを全て投資家が持つBOO(Building - Owner-Operation)モデルでの契約をするとのことだ。

本プロジェクトは、交通インフラを近代化し、道路利用費を回収することでの交通インフラの発展に寄与、手動料金回収所での渋滞の解消、交通利用者の経費軽減、料金回収元の明確化、重量オーバーやサイズオーバー車の発見、関連政府機関が車のトラッフィク量やスピード等を管理できるようにするというものだ。

コーロン,ベトナムHanyoungエアバッグ工場買収

この記事の評価: 4 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を無効

コーロンインダストリーが、ベトナムで事業展開するHanyoung産業からエアバック縫製工場を約170億ウォンで買収する。年産能力は700万個規模で、東南アジアの生産拠点にする考えだ。コーロンインダストリーズは現在、世界シェアの約10パーセントを占めて、2中国の工場と韓国の1に3600万エアバッグクッションを製造しています。

ハイネケン, 南ベトナムでカールスバーグ醸造所を買収

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

カールスバーグから醸造所を引き継ぐことによって、ベトナムでの生産のハイネケン拡大。ハイネケン・ベトナム・ブリュワリーは、南部バリアブンタウ省ブンタウ市にあるカールスバーグのビール工場を買収した。カールスバーグ最高経営責任者(CEO)Cees'tハートはブンタウ工場の売却により、中部以北の市場に集中する。

ハートは、それが30パーセントにその17%の株式を調達するためのカールスバーグは、政府のゴーサインを待っているベトナム北部の首都ハノイに基づいて、Habecoを参照して、言いました。Habeco社はブランド「ハノイビール」を持つ会社です。 ホーチミンに在住している私にとってはあまり馴染みはありませんが、コンビニの棚でたまに見ます。(ハノイでは多く見かけるかもしれません。) 9000ドンの低価格ビールです。 以前この経済コラムの「缶ビール事情」のところでで説明しましたがベトナムの缶ビールは高価格帯、中価格帯、低価格帯の3つのカテゴリーに分けられます。 今回カールスバーグがHabeco社に出資すれば中価格帯と低価格帯をおさえたことになります。

地域で最も高い水準と3,88億円から増加 - 統計は、ベトナムのビール消費量は国で消費ビールの量を超える4,04億リットル今年に達すると予想され、2010年に比べ2015年に40%増加したことを示しています2015年リットル。

お馴染みのモンデリーズがキンド社のスナック事業を買収

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

8月23日, モンデリーズ・インターナショナル(旧クラフトフーズ)がキンドスナック部門の株式 20%を買い取ることを発表し。$89.6百万米国の価格を推定しました。モンデリーズ・インターナショナルはそれをベトナムの菓子部門で最大の合併・買収(M&A)の取引を行うこと、2014年後半キンド社の80%の株式を取得しVND7.85兆を過ごしました。